女性歯科医師のための履歴書の書き方

就職活動、転職活動の際に必要になるのが「履歴書」です。

歯科医師の先生の場合も例外ではありません。

履歴書の書き方ひとつで、採用側に与える印象は大きく変わります。

今回は「採用したい」と思ってもらえる履歴書の書き方についてお話していきます。

まず、履歴書の記入についてですが、弊社では手書きをおすすめしています

採用担当者は手書きの履歴書から「丁寧さ」と「意欲の高さ」を感じ取ります。

字の上手い・下手ではなく、誤字脱字に気を付けて丁寧に書くことで採用担当者に確実にアピールすることができるでしょう。

履歴書の記入は黒のペンもしくはボールペンを使用します。鉛筆・シャープペンシル・消えるボールペンの使用はNGです。

修正液はいくら軽微な書き間違いであっても使用は避けてください。

書き間違えた場合には必ず最初から書き直すようにしましょう。書き直しを避けるには一度すべての項目を下書きし、それを見ながら清書するようにするといいでしょう。

履歴書は使いまわすことは厳禁です。

・日付が古いままになっている

・通勤時間が明らかにおかしい

など、使い回しをしていると採用側への印象がよくありませんので、必ず新しいものを用意しましょう。

美しい履歴書の書き方

①日付は履歴書を持参する日、もしくは、郵送をする日を記入しましょう。

西暦で記入するのであれば、学歴職歴欄も西暦で記入してください。和暦の場合も同様で、履歴書全体で統一するようにしてください。

②氏名欄は、戸籍に登録している字体で正確に記入しましょう。

姓と名の間にはスペースを入れ、ふりがなは項目欄が「フリガナ」とカタカナで書かれている場合にはカタカナ、「ふりがな」と平仮名で書かれている場合は平仮名で記入します。

③ご自身の生年月日と、記入時点での年齢を記入します。

④現住所は都道府県は省略せずに記入、マンション名も省略せずに正式名称を記入しましょう。また、フリガナについては数字以外の箇所を記入してください。

⑤電話番号は固定電話、携帯電話、いずれでも構いませんが、日中一番連絡がつきやすい番号を記入します。

⑥ご自身のメールアドレスを記入します。採用側から連絡が来た場合に見落とさないようにしましょう。

写真が8割

⑦証明写真は採用担当者が真っ先に目に入る箇所です。会う前に第一印象が決まってしまう、ということもありますので注意しましょう。

直近3ヶ月以内に撮影した、カラー証明写真(縦4cm×横3cm)をご用意ください。

万が一剥がれてしまうことがあっても大丈夫なように裏面には氏名を記入します。

プリクラやスナップ写真を使用したり、既定のサイズ以外のもの使用するのは絶対にNGです。

服装は男性はスーツとネクタイ着用、女性もスーツもしくはカットソーにジャケットを着用するといいでしょう。

帽子やアクセサリー、カラコンは着用せずに撮影してください。

髪の色は明るすぎたり、しばらく染めていなくて色ムラがかなり目立つ場合はマイナス印象となる場合がありますので、あらかじめ落ち着いた色に染めておくといいでしょう。

前髪が目や眉にかかると暗い印象となってしまいますので、ピンでとめたり、スプレーで整えましょう。

髪の毛が長い場合には後ろで一つに束ねるかハーフアップにします。

メイクは派手すぎるのは禁物ですが、ベースメイクをしっかりと整えたうえでチークやリップで少し色味を足します。

学歴・職歴・保有資格・所属学会の書き方

⑧ 各学歴・職歴の年月を記入します。①の日付を西暦で記入した場合は西暦、和暦で記載した場合には和暦で統一します。

⑨ 学歴、職歴の順に記入していきます。

項目立てるために、一行目の中央に「学歴」と記入しましょう。義務教育は記入する必要はありませんので、高校の入学以降の学歴を順に記入します。

学校名は略さずに正式名称で、学部や専攻などもきちんと記入しましょう。

入学・卒業の学校名が同じであっても「同上」と省略することはせずに、正式名称を必ず記入してください。

少しでも良く見られようと学歴を詐称することは絶対にダメです。内定取り消しとなる場合もありますので注意が必要です。

職歴は、学歴欄の次に項目立てて、中央に「職歴」と記入します。これまでに在籍したすべての会社の入退職を記入してください。

たとえ短期間しか在籍していなかったとしても職歴はすべて正確に記入することが必要です。

退職理由が自己都合であれば「一身上の都合により退職」、会社都合による退職の場合は「会社都合による退職」と書きます。

退職意思の伝え方

退職理由の説明の仕方

職歴をすべて書き終えたら最後の行に「現在に至る」と記入し、その下の段の右端に「以上」と記入して項目を締めましょう。

⑩ 保有資格の取得年を記入します。

⑪ 取得年月日順に記入しましょう。受験日や交付日ではなく、合格証の取得年月日を記入してください。

⑫所属学会や過去に参加した勉強会やセミナーの開催年月を記入します。

⑬名称は省略や略語を使うことなく、必ず正式名称で記入してください。

空欄にしてはいけな志望動機

⑭志望動機とは、応募した医院でなぜ働きたいかを伝える項目です。

採用担当者は、応募者の志望動機を見ることで、入社意欲の高さを見極めます。「自身の家から近いから」「残業が少なそうだから」「休みが取れそうだから」といった表面的な志望理由だと、「うちでなくてもいいのでは?」と採用担当者は感じます。

ぜひこの人と一緒に働きたい、と思ってもらえるよう、HPなどを見て応募した医院の特色をよく理解し、そこで実現したいこと・挑戦したいことを記載し、自身のスキルや経験を活かし貢献できることをアピールしましょう。

女性歯科医師のための転職CODAオリジナル履歴書

⑮CODAではあらかじめ女性のライフスタイルの変化にも柔軟に対応できる医院のみを掲載しています。

CODAオリジナルの履歴書ではスムーズに現状を伝えることができるよう、該当する箇所があれば☑をいれることで、予め応募医院にステータスを伝えることができます。

こちらの項目は市販の履歴書にはありません。任意項目となりますので、伝えておきたいことがある場合のみで構いません。

⑯入社するうえで、「これが叶えられなければ入社が難しい」という絶対条件のみ記載します。

基本的には「貴社の規定に従います」と記載しますが、勤務時間に制限があったり、現在就業中で退職手続きに時間がかかる場合などは入社可能時期を記載することも可能です。

給与の希望については、履歴書には書かないことをお勧めします。

待遇面ばかり希望を記入しすぎることで注文が多い人だな、と嫌煙されてしまう可能性もあります。

給与に関することは選考の過程で必ず話題に上りますので、その時に直接採用担当者と相談するといいでしょう。

以上ですべての項目の書き方について一通りご説明してきましたが、いかがでしょうか?

CODAでは女性歯科医師の先生向けにオリジナルの履歴書を無料でダウンロードしていただけます。

市販の履歴書にはない、所属学会や過去に参加した勉強会など歯科医師の先生向けの項目を設け、さらに女性ならではのライフスタイルの変化について応募先企業に予め伝えることができる任意項目も設けています。

タウンロードはCODA問合せフォームより「履歴書希望」とお問合せください。

なお、問合せ頂くことで、弊社から転職の勧誘電話等は一切行いませんのでご安心ください。

※営業を目的としたお問い合わせはご遠慮ください。質問にお答えしかねる場合がございますので予めご了承ください。

※ダウンロードは歯科医師の先生に限定させていただきます。